2005年11月21日

雑記11月

そろそろ論じることも尽き、情報なんてムック本を見るのが手っ取り早く、記事にするようなことがなくなってきました。
そんな時は主観的レビューといきたいとこですがこれもまたぼちぼち自分のご贔屓が固まってきているのでたいしたもんは書けないかと思います。

今回はちょっと今までのいわゆる「シルバーアクセ」らしいシルバーアクセから離れるという考え方をしてみようかと思います。あと中途半端に敬語文体になったのでこのまま行きます。

とはいえここ半年くらいの記述で、うすうす洗練性やファッション性重視に切り替わりつつあることはお察しの方もいるかもしれません。先日かねてよりひとつは、と思っていたストーンリングを買ったのですが、そのセレクトの際に自分で感じました。
当初、エムズコレクションの幾つかを候補に挙げていました。リーズナブルであるし、機械的ともいえる仕上の正確さがソリッドな質感で石を引き立てる、なんて思ってました。とはいえエムズはレディースに対応するようなジュエリー色の強いものと、割かしメンズアクセ色の強いものとがあるのですが、銀肌と掘り込まれたラインで魅せるところがあるので、ちょっと厳ついなと思ったのです。造型としては好きだし持ちたいと思うが、着けることを考えるとちょっと即断即決とはいかない…という心境でした。
ここではおなじみ下北沢ストローカーのOVER LOADも奇麗目として鳴らしていますし実際に奇麗なのですが、ゴシックテイストが強いこともあり、アクセサリーとしてみると、割とハードでもあります。
そうこう思案するうちに結局落ち着いたのが、こちらです。

bbmring.jpgbbmring2.jpg

以前ジッポを購入したBIGBLACKMARIAの、題してアラビアリングです。
大振りなラウンドカボッションのガーネットと、サイドに8石のブラックCZ。随所にミル打ちが施され、エキゾチックな色香があります。線と面も奇麗に出ていますね。
装着して正面から見た時のバランスが秀逸で、宝飾品らしい気品があります。それって案外シルバーには珍しいような気がします。
確かに、造型の自由が利くという意味で、凝った骸骨やなんやのモチーフを彫り上げる素材として適していることは事実です。しかし、それが必ずしもアクセサリーとしてモノになるかは別であるし、宝飾性を追求するならゴールドやプラチナであるべきだとも言い切れません。
それにBIGBLACKMARIAはスカルもあれば竜もありますしね。

L.S.Dやシェアワンズフェイトなどシルバーらしいブランドを多く扱うショップにDEMAがあります。イベントもしばしばあるのでお馴染みでしょうか。
先日寄ったんですが、その中でかえって異彩を放っていたのがPMRでした。割と有名なので何をいまさらと思われるかもしれませんが。
もともと、DREAMERSなどの写真で見て奇麗だな、とは思っていたのですが、4℃とかTHE KISSのような毛色のブランドなのかなとぱっと見で思っていたので、そこまで積極的にチェックすることはありませんでした。
実際にゴールドエクスペリエンスシリーズのクロス(ムックなんかにも出てたと思う)を見ると繊細であり、造りはしっかりしており、値段も比較的おとなしく、飾るものとしての使い勝手からも結構感触が良かったです。使い勝手というのは、すっかりスーツばかりなせいもあるでしょうけど。
全体的に造型屋というよりデザイン性が高く、アクセサリーらしいアクセサリーといえるでしょう。男女問わないですしね。L.S.Dをガツンと決める女性も格好良いとは思いますが、このあたりのを控えめにちょっと付けるくらいの女性の方が個人的には良いと思います。個人的には。
一応株式会社ですが、7名の会社ということで、チームといった趣ですね。デザイン・原型は寺尾妙子氏が一手に引き受けているよう。資本が多くなくとも、会社にしたところは好印象です。家族会社であっても、ブランドを経営しているのだというわかりやすい証拠です。いつだったか、会社だって店だって、趣味でやるのと同じように手を引く時は引く、という話もあったかと思いますが、正式にビジネスの場に乗り出すか否かの差はそう小さくないと思います。
会社がつぶれるってそんな生易しい話じゃないのですよ。趣味のアイテムを売るのをやめるのとは違います。

さて。話がまたきな臭くなって本題が無視されるのはいい加減気分の良いものではないのでこの辺にしておきましょう。
ちなみにDEMAさんにはF.A.Lが入荷していました。ピエロスカルシリーズの新ラインナップ投入に伴ってでしたが、これがまた、一段と上手になっていて、以前のピエロのコミカルさに抵抗があった人でも、今回はジョーカー風のピエロなので受け入れられるかもしれません。

ストフリといい、今後ますます楽しみです。


posted by 遼 at 23:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更コメントで何だか申し訳ない
おお、そのガーネットのリングはBIGBLACKMARIAのだったのですね!なんだか凄く気になっていたのですよ

正面からの図が本当に綺麗ですねー。実物でもっと見ておけばよかった…
Posted by はる at 2005年11月28日 21:54
このブログも終わりだな!
知ったかぶりのシルバーマニアが何を書こうが知らなーし!
どんなブランドだって、最初は誰も知らない
そこで、ビジネスも作製も頑張って成長する
個人ブランドを見下した書き方をこころよく読んだ奴はあまりいない
安いから良いとか、値段がどうだとかお前には関係の無い話…
安いのが良ければそれなりの物を身につければいいだけのこと
値段は、売り手が手放せる金額で、買い手は物をみて値段とつりあえば買う
なんだってそうだろ!
何もかも、お前には関係の無い話
Posted by sss at 2005年12月09日 19:27
>はる
なんかリングかなんか買ったんだっけ。このガーネットのより高いのを。(笑)

>sssさん
あなたに限ったことじゃないですけど、面識もない相手にそんな態度を取れるのが不思議です。
匿名だからですか?
「個人ブランド」のもの中心に所有してるのに、見下した書き方、ですか。まあいいですけど。
作ってる方ですか?
そうでないなら、シルバー以外でもレビューサイトは何万とあるので、頑張ってください。
Posted by 遼 at 2005年12月10日 07:55
買いましたよー(笑)lord camerotのレディースライン、LC663を買ってみました。お気に入りです。毎日眺めてます。
高かったけれど後悔はしていないものねー
ストーンリングもいつか欲しいですね。未来に買います。
Posted by はる at 2005年12月11日 00:30
だんだん増えてくうちにキリがなくなってる自分にふと疑問を感じることもある
とはいえ着けられる個数は決まっているのに「これ」とひとつに決められないほど多種多様だから困ったもので、そんなことを意識しながらだと増えてくくせにどれも思い入れがあるからローテーションが大変です
くれぐれも物欲に押し切られずによく考えて買い物しましょう
Posted by 遼 at 2005年12月12日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。