2010年11月01日

EXHIBITION SILVER

去る10月23日、渋谷にて、標題のイベントがありました。
なかなか面白かったかな、と思いましたが、ざっと所感を残します。

イベントについては
http://www.exhibition-silver.com/
まずは、気になったブランドなど。

Guardiaが良かった。神話系デザインで、まあないこともないジャンルだけど、デザイン性の高いアイテムが結構あって、美術志向がうかがえた。
ミュシャとか好きそう。
立体的にパーツを組むのが上手く、石留めの上に10KPGの弦を張ったアポロンというPHが素敵。
デフォルトではカーネリアンを使っているのだけど、セミオーダーしたいなあと思った。

Dual Flowは本当に凄い上手くなったと思う。正直造形は海洋堂もびっくりなんじゃないだろうかと。JAP工房レベルと言っても良いんじゃないか。

あと、Lucie&Gというブランド、こちらも綺麗だった。KEN BLOODやHOLLOOWと並んでいたので山梨系の会社さんなのかな。
あまり情報がないけど気になる。

legendやストフリはやはりまあ、改めて言うまでもなくきれいだしデザインも格好良い。
HOLLOOWは改めてみるとやっぱかっこいいはかっこいんだよなあ。フルメッキなところだけで手を出さないでいるんだけど、メッキはメッキで無垢とは違う味を出せてるような気もしてきた。

あと少し新作が気になっていたSAINTS、なんとなく無難な印象が強かったけど、シェルと石を使った新作、かなりいい。定番品じゃなかったらお宝にしても良いレベル。いや、プレタポルテがダメということじゃないよ。良い意味で受け取って欲しい。

実演コーナーでは僕が行った時にはF.A.L.山本さんがキーチェーンのカスタム作業中だった。作業自体は下北のストローカーで見慣れているとはいえやっぱり改めて間近で見るとテンションが上がる。

山本さんの後は、Ability Normal佐藤さんと、Strange Freak古谷さん。結局ずーっと見てた。

なんだけど、この実演は少しだけ気になった。
これ、なんでほったらかしで黙々と作業させているのかなー、と。
イベント内イベントとしてフィーチャーしてしかるべきじゃないかな?自発的に作業して自発的に終わるっていうのは、ちょっとクリエイターに失礼というか、変なねじれを感じた。
要はイベントのプログラムのひとつであり、そもそも出展者、コンテンツ供給者なわけで、実演作業を一つの売り物とするならちゃんとプロデュースしなきゃいけないんじゃないかなと。
それなのにバンドマンのトークショーとかぶらせたり、スタッフの一人も付かないで放置プレイでは、敢えてここで作業しなくてもイベント用アイテムを作ってきてもらえば済むことになっちゃうよ。
古谷さんが自ら見ている人に気を遣ってくれていたのが救いであるとともに、何か申し訳ない気持ちになった。

作業中は当然フルに拘束されるわけで、ちゃんと盛り上げて一つのショーに出来ないのならブースでコミュニケーションを取っていた方が下手をすればクリエイター的にも良いのではないかと、本人に聞いたわけではないので勝手な意見だけど。
だってもっと簡単な実演ならブースでもできちゃうわけだし、きっと指名されたんでしょう?

この辺が、改善の余地ありと思ったところかな。
あとまあ、正直雰囲気がアングラというかとっつきにくくて、そういうカルチャーならしょうがないんだけど、僕なんかは自分ですら場違いに感じたくらいだから、もっと間口の広いというか、相手を受け容れる姿勢が必要に感じた。
あんな尖った雰囲気を入り口からにおわせているのに、Argentブースの接客が素人相手の商売トーンなのもちぐはぐだし、実際集まってる客の方が知識を持ってるくらいだったんじゃないかな。
なんというか全体に投げっぱなしの雰囲気。一つのイベントという単位で見ると完成度はいまいちで、出展者頼みになっていたかもしれない。取っ掛かりとしては悪くないけど、出展者次第ではコケてしまった危険を孕んでいたように思う。
そら入り口の喫煙所にどっから見てもアウトローなコワモテが大集合してたら敷居高いって。
というわけでイベントの評価自体は歴としたイベント運営会社が事務局構えてこれはどうなんかなぁ、というのが正直な感想。
サムソナイトのスポンサードも意味がよくわからなかった。
但しもちろん次はもっと頑張ってほしいし、次もあって欲しいイベントではあり、上記はそれを前提にしてのこと。
むしろ、カットスロート時代にこれくらいやれてたらなぁ、なんて。
市場の流動性もあの頃ほどないような気がするから、間口を広げるためにはもうひと展開必要に感じた。


posted by 遼 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。