2004年12月15日

エントランス

エントリー・モデルというと、いわゆる初心者向け、シルバーアクセサリーで考えればとっかかりにもっとも相応しいのはやはり廉価なノーブランドなのかもしれない。
しかし視点を狭めると、ブランド展開している中でも、手に取りやすいベーシックなデザイン・価格によって、ひきつける手段はいくらもある。
そういったモデルは「こいつは手にとって見て欲しい」という気概のもと、利益率は度外視して出していくべきだ。はじめの一歩は短距離走の踏み出しでも、階段を駆け上がるときでも、小さな一歩である。大股で踏み出して加速は出来ないし、加速がなければ階段も段を飛ばせない。

話は変わるが、僕がシルバーをつけ始めたのは高校三年生のときだった。もちろんはじめはお小遣いの中からちょっと出して、ノーブランドのものを買った。その中で、ノーブランドのネット優良店として未だに見ているのが、em企画
シルバーは480円からと、異常に安い。
その分安っぽいアイテムがメインだが、企画もののペアアイテムなどはクオリティ・価格あわせて見て、ブランド物の存在意義を揺るがすようなアイテムもたまにある。
シルバージュエリーの店というわけではないので、ゴールドやプラチナといった総合ジュエリーショップであり、そっちの方が多い。
特に石ものはかなりいいものも入ってくるので、シルバーフリークって言うより宝飾品が好きな人は、チェックしておくといい。
さすがになかなか入って来ないが、ピジョンブラッド(上級ルビー)や天然アレキサンドライト、タンザナイト、ガーネットもグリーン、マンダリン等各色ある。カラーストーンについては、興味のある人はネット上調べると結構出て来るので、ここと併せて見てみると面白いと思う。
今お買い得そうなのは、天然サファイアカボッションカットのK18ホワイトゴールドリング36540円とか、鑑別書付スタールビー2ct、プラチナリング73290円あたりかな・・・
やはりハイジュエリーの石モノを見てると、シルバーの石モノはちょっと満足しきれない。おまけ、アクセント程度にしか扱われないことが多く、もっと多彩に見せてほしいというのが人情というもの。


ちなみに僕の好きな石。
色の濃いめのタンザナイト
青の深めのサンタマリアアクアマリン
コランダム全般(ルビー、各種サファイア)
赤ガーネット(ロードライト)

とかなんだけど、結局は実際の色味です。
あんまりジュエリーに使わないアパタイトのコバルトブルーなんか綺麗で好きだし、ラピスラズリ(およびアウイナイト)やアイオライトなど深い青は基本的に好き。
クォーツはもうそれこそ色々あるし。

石は値段もピンキリで結構手に入ると思うので、面白い石で面白いアプローチをすることも、デザイナーの方々は考えてご覧になってはいかがだろうか。

あ、あとなんか、em企画のメルマガ登録するとお得情報が送られてくるのだが、今ボーナス企画として貴重石のアイテムが凄い値段で出ています。
実際見たけど、これは凄い。いや、シルバーアクセの観点から外れるけど、宝石好きなもんで。
いやぁ、直径2cmラウンドカットのブルートパーズ、なかなかないよ。しかもプラチナネックで7万とは・・・


posted by 遼 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。